日々暮らしの中で

このブログには、チャリ・ちゃりんこ等のベテランサイクリストが嫌う蔑称は書かないで下さい。 リンクフリーですが、リンクをする時は、プロフイールにアドレスが有りますので連絡下さい。 2022年の御前崎オフは、2月5日(泊)~6日です。

アルミ制作のルックス

 
  みなさん、この辺の→ジュビリーを超えよう!RD編その2 : ただいま営業中~♪ (livedoor.blog)
 
 を見ていると思います。訳があって僕が制作してもらったものです。
  実際に受け取ってみると、使っていいのかな?と思えるほどです。
  う~んしばらくは眺めていましょう。

DSC_0013 (003)

42B→38Bと35B→36B・JルートンとAサンジェ


 ジョールートンです。仲間内にフレーム塗装をしてもらい
ついでにオリジナルの部品を使えるようにしてもらったまま
かれこれ25年近く部屋の奥にありました。今回はそれを整備しました。
まずは、ブレーキですが、マファックの原型のセキュリテで
マファックの様に台座が前に出ていないのでフォークの内側、
シートチューブの内側にブレーキシューが入り船が当たるのでシューを交換です。
シューによっては
ゴムが厚くてレバーストロークが少なくなるので、さてどうするか?
と思ったところ、少し長さが短いけれど、吉貝のゴムに替えたらちゃんと効くし、当たり面の
小さいリムにも合うので調子良いです。リムはアップがないですが、かれこれ30年ほど前に
入手したマビックの古いタイプのですが、言い方悪いですが、
他に利用出来ないのでこの自転車に使いました。
DSC_0241

チェンジレバーは、Fはオリジナルシクロで、RはTA製です。
このTA製は、フリーは4速なのでエキセンではなくて真円のやつです。
(4Vならエキセンは要らないと思います)
と言うのも、ワイヤーリードから、RDのワイヤーはバネの中を
通すようになっていて、今はスムーズに動きますが、硬い時に
オリジナルレバーでは、曲がってしまうのでは?と思い着けました。
(ワイヤーがたわまない様にバネの中を通しているのでしょうか?)

DSC_0243

RDは、4Vの通称逆止めシクロで、シクロ側にもワイヤー止めネジがあるタイプです。
フリーは、14~24で4Vこれに28を足したら
70年代のツーリングレシオのワイド5V14~28になりますね。
DSC_0244

ジョールートンと言えば、自分のイメージでは、こんな感じの曲がりハンドルです。
 オリジナルのステムは、残念ながら持っていません。

DSC_0245

ラディオスのブロックダイナモですが、きちんと発電しました。
もう70年ほど前の豆電球です。

DSC_0246

サイズが大きく見えますが、シンートップ560ミリなんですよ。
この自転車は、42Bでしたが、土屋さんのところの38Bに換装。
平地しか走っていないので、それ以上は判りませんが、
とにかくすごく軽く走れます。

下はアレックス・サンジェですが、いじる前の画像です。
20210315_200832 (004)
ここから、ハンドルをフィリップ並行ランドナーバーへ
Rハブを、デモンタブルハブのジョフレへ、リムはマビッククリテリュームから
自分の好みのかまぼこへ、タイヤは、ユッチンソンの35Bを土屋さんのところの
36Bへ。まぁギリギリですが、ちゃんと着いたけれど、もう少し細い方が・・・。


DSC_0250

   ↑こうなりました。
シェラックニスは、苦手でね~手袋ボロボロになるし・・・。
この自転車は、作る時にRハブは、ニベックスの時みたくウイングボルトに出来ないか?
聞いたら、1Vはチェンレストに使うので
4VフリーにするならOKと言われ、却下したのです。
そこで、デモンタブルハブ、やっと装着しました。
僕って物を手に入れてから10年~20年、平気で経ってから行動するタイプです。
これは、早い方です。

DSC_0251

ハブは、右側は軽合ナットです。
FDの羽の、針金型は、外して僕のデザインした奴。
きちんと変速しますが、あまり洗練されていなくかっこ良くなかった?

DSC_0253

DSC_0254

ハブのこの串ネジを緩めると、エンドにフリー側だけが残ってホイールが抜けます。
DSC_0255

タイヤが少し太くなりました。
ちょっと、聞かれました。
ステーとフォークのメッキの事ですが、ブレーキの台座近くまで
メッキしてくださいと、しました。要するに1/2メッキではなくて
2/3メッキと言う感じですか・・・。





新しいリンクです。

岐阜のTさんのマニアックなブログをリンクしました。

まぼろしの2021年度御前崎オフ

 

DSC_0209 (002)

今回は、有志10人以下の静かな???おとなしい???(笑)
個人個人が、宿に直に泊まり解散という形で行いました。
まぁ世の中がこんな状態なので、しかたないですね。
ホントーに悩みに悩んでそうしました。
今回のを、第18回として良いのかなぁ?
とも思いましたが僕が主催者です。そうしましょう!!
みなさんには、まぼろし?の、2021年第18回御前崎オフでした。
冬のランドナー補完計画オフとしては、実は20回目なんですよね。
イチゴオフとかやっているし・・・まぁ余談ですが。
また、みなさんもこの宿・御前崎の『聖火』に泊まりに来てやってください。
その時は、僕の名前を出してね。チョットはサービスが良いかも。
2022年度の第19回は、ブログのトップに書いてある通り。
何時ものとおりに2月第一土日の2月5日(泊)~6日です。

2022年度の御前崎オフ

 タイトル通りにブログの上も書き換えました。 2022年は、2月5日(泊)~6日です。 世の中がまともになっていることを祈っています。
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
最新コメント
プロフィール

くりくり

  • ライブドアブログ